体験談コラム 施術を受けた患者さん達の体験談をまとめています

体験談コラム1 33歳 男性(自営業)

自律神経失調症になったのは、大学四年、就職活動を本格的にしないとなあと言うような時期でした。
そのころ、家庭の事情で、生活費を全部自分のバイトで賄わなければならなくなり、連日深夜までバイト漬けの毎日でした。そんなときバイクが大破するような事故を起こしてしまいました。怪我は軽いむち打ち程度で大したことはなかったのですが、これが間違い。 このときが、長く続く地獄の始まりでした。 ▼続きを読む

自律神経失調症の方ならよくわかると思うのですが、目の前がワンワンすると言うのか、人のいるところや、人と目が合うと、エネルギーに負けると言うのかとにかくつらい…誰にも会えないんです。
ひどくなると、地面ごとぐるぐる回る感じで、怖くて這うしかない。ここまでひどくなってしまうと、就活もできなくなり、いわゆる人生の普通のコースからドロップアウトするしかありませんでした。

何もできない期間があった後、いろんな治療に通って、症状を楽にしてもらいながら、なんとか、バイトをして食いつないでも、このままどうなるんやろ…と言う不安は拭えない。 そんな毎日でした。
先生との出会いで、まず頭が楽になりました。物事がかんがえられるようなり、何かをしようと言う意欲につながりました。自分の場合は、劇的と言うより、薄紙をはがすように辛いところが少しずつ取れて行きました。 その結果、自分のやりたいことが見えてきました。

体のことで辛い思いをしたから、人の体をよくする仕事をしたい。 人の話をちゃんと聞いてあげて、前向きになるのを手伝いたい。そんな思いから、整体の資格を取り、5年前に整体療術院を立ち上げました。いままでの辛い経験は、患者さんの気持ちを嫌という程わからせてくれる期間でした。そのためかどうか、おかげさまで、仕事は順調で、患者さんは、悪いときだけでなく、元気になっても、月に一回メンテナンスに通って来られる方で、予約が埋まりそうになるくらいのリピーター治療院になりました。 事故にあったこと、自律神経失調症で散々苦しんだこと、全てがいまに繋がっています。 少し回り道をしましたが、来年は結婚も決まっています。人生に無駄なことはないのだなあとつくづく思います。

▲たたむ

体験談コラム2 20歳 男子学生

性格は真面目な方だと思います。いわゆる優等生で、小、中、高とスポーツ(テニス)も、勉強にも打ち込んでいました。努力することが苦にならないし、強くなったり、数学でわからなかった問題が解ける瞬間もたまらなく嬉しいのです。 そんな優等生?の僕が、自転車にのってて思いがけない石ころに滑って。顔面を強打したのが高2のときでした。
▼続きを読む

そのときは、口から血が出た位で、母と、これくらいですんでよかったーといってたんです。 そのときは、口から血が出た位で、母と、これくらいですんでよかったーといってたんです。2週間ぐらい経って、突然体がだるくなりました。家の階段を上がるのもしんどい。 やる気が起きない、世界が灰色になると言うのか、いままでがんばっていたいろんなことが、どうでもよくなってきたんです。

それでも、生来の真面目さが手伝って、部活も勉強も休むことなくがんばっていました。 ところが、家の中では極めて明るくておしゃべりな僕の口数が減っていることに母が気づきました。心配した母親は精神的なものだと思い、その方面のいろんな治療に連れて行きました。トラウマをとったり、気を送ってもらったり。そんな中で、先生と出会いました。 先生は症状を聞くなり、僕の首のよこの所を触って、『ここ、痛いですか?』と言われました。そっと触っただけなのに、びっくりするくらい痛くて『痛っ!!』と声を上げるほどでした。 まさか精神的なものが首から来てるなんて…

不思議なことに首を調節すると、その場で心が晴れました。そのあと、足触ってもらい、脳内ホルモンがさらに出るようにしてもらうと、その場で元気になりました。 対処が早くて、こじれていなかったのが良かったのだそうです。そう言う意味では、少しの変化に気づいて、大騒ぎしてあっという間にユッティ先生にまでたどり着いてくれた母親には感謝しなければならないですね(笑) やることを毎日こなしながらも、心もからだもものすごくしんどくて、フーッと、死んだら楽になるんかなあとか、そんなことも浮かんだりしていたので、あのまま頑張っていて、周りも気づいてくれなかったらどうなっていただろうかと思うと、ぞっとします。

▲たたむ

体験談コラム3 36歳 女性

自律神経失調症と言うより、すでに鬱病になり、通院の日々でした。先生とお会いしたときは、すでに通院も五年を過ぎていました。通って、薬を飲み続ける毎日。最悪の状態は過ぎても、よくなるわけでもなく、薬がなくわけでもなく、このままどうなってしまうんだろうと不安でした。
▼続きを読む

病院には通院しながら、薬も飲みながらの治療です。気弱なわたしは、病院の他でも治療を受けていると、お医者さんに言うことができずにいましたが、一ヶ月ほどすると、病院の先生がだんだん元気になって来たわたしの状態をみて、薬を減らしましょうと、行ってくださいました。 そのようにして、体調に応じて一粒、また一粒と減らしてくださり、五ヶ月かけて最後の一粒も、なくすことができました。

その後一ヶ月薬を飲まなくても元気に過ごすことができたとき、病院の先生が『完治しましたね!』といってくださったときは、涙が出ました。 その影で実は週に一回ずつ施術を受けていたのですが、お医者さんにはは言えずじまいでしたが、わたしの中では、本当に両方の先生にお世話になりありがたかったです。 施術を受けて、自分の中では全然違うと実感し、病院んに行ってしっかり確信していく、と言うような相乗効果になったとおもいます。

▲たたむ

体験談コラム4 62歳 主婦

62才を過ぎて、頭痛、肩こり、だるさ、やる気が出ないなど、さまざまな不定愁訴に悩まされてきました。 そこに来て、ワンマンな夫が退職し、家にいるようになったり、娘が鬱病と診断され家に引きこもるようになったりと、ストレスのかかることがかかることが次々に起こってくると、イライラ、不安感、抑うつ感、不眠と、精神的なものが襲いかかって来ました。
▼続きを読む

ちよっとしたことで、主人に口答えしたり、娘に当たったり、自分でも自分をどうして良いかわからず、自分を責める毎日。娘は自分のことは棚に上げて、『お母さんは表情がなくなって見るだけで暗くなる』などと、責めて来たりして、自分ばかりが不幸の真っ只中にいるような、そんな状態でした。 昼間から、大の大人が3人も家の中で鬱々としたり、イライラしている状態に、あるときはっとして、とにかく、何かどうにかしなくちゃと以前から気になっていた、ユッティ先生のところに勇気を出して電話をしました。 週に一回三ヶ月ほど熱心に通いました。

なにしろ、初めていって、玄関を入るときは、暗ーい顔をしていたのに、帰るときには、なんだか晴れ晴れとしていて、嬉しくて久しぶりの感覚に確かな手応えを感じました。 わたしの変化に程なくして、娘も通わせていただくようになり、おかげさまで娘も元気になり社会復帰ができました。元気になってからは、月に一度ほど、体のメンテナンスと思いお世話になっています。
人間だから、生きていればいろいろなことがありますが、その都度軽いところで乗り越えられてます。いまは、趣味もふえて、楽しく過ごさせていただいております。

▲たたむ

体験談コラム5 18歳 女性

名門受験校に通われる高3の娘さんが、起立性調節障害と診断されお母さんと一緒に来院。一番大事な時期に、めまいと気分の悪さで学校にいくこともままならない状況。周りはものすごい集中力で受験に向かっているときに、学校に行けないだけでなく、家にいても、気分が悪くて集中できず、受験勉強がほとんどできない状態でした。
▼続きを読む

休んでばかりだと、出席日数がたりなくなり、進学どころか卒業さえできなくなりますから、お母さんも、 少しでも気分が良いときは、車で学校まで送り、塾にも、行けるときはいくというので、塾にも送り迎え。それに加えて週に一度は、心療内科の受診に連れて行くとあって、親子共々心身共に辛い状態です。受験期の発症のため、娘さん自身の落ち込みとイライラもピークに達し、家の中はピリピリとしたものになっているようでした。娘さんのイライラと落ち込みを、受け止めてやるべきお母さんまで、もう心身共にクタクタで余裕がない。つい余計なことを言って『もういい!!お母さんにはわからないんだから!』と心を閉じられる始末。時は秋、もう、受験は難しいと言う雰囲気でした。

娘さんの施術時間は、お母さんの休憩タイムです。毛布をかけて差し上げてうとうととお眠りです。週一回土曜日の治療の日は、親子共々待ちに待った時間になられたようです。 三回ほどの来院で、めまいはまだあるものの、ピリピリイライラが落ち着き、親子で普通に楽しい会話ができるようになったようです。

その頃お母さんは、『もうこれだけでもいいです。娘が笑顔になってるだけで救われました』と言われてました。でも、そのあと、めまいもおさまった後の娘さんのラストスパートはものすごいものでした。施術中も、世界史のカードを作って暗記でした。
勉強できない期間があったことで、何気なく行きたかったところが、なんとしても行きたいところにかわったようです。 受験当日は、心が少しでも安心できればと思い、遠隔気功もしました。それが効いたかきかなかったかはわかりませんが、なんと見事に合格!今は東京で学生生活をエンジョイ中だそうです。

▲たたむ

お問い合わせ

ご不明な点、ご相談などございましたら、お気軽にお問い合せください。

自律神経失調症でお悩みの方 うつ・更年期障害に関することなら ゆふく回復院

【直通】☎090-9480-8726
【当校】☎050-7576-2029

阪急”牧落駅”から徒歩6分です。


  ▲ページの上部に戻る